メニュー

いびきレーザー治療

いびき治療について

いびきはのどの奥の粘膜で気道が狭くなってしまうことによって起こります。音がうるさくパートナーに迷惑がかかり、不満により関係が悪くなることもあります。
従来のいびきに対する手術はメスやレーザーで、のどの粘膜を切開し、縫い縮めることによって喉を広げる方法で行われております。この方法では全身麻酔や入院が必要で、術後の痛みが強く、食事制限が必要でした。また通常の生活に戻るには時間を要します。

いびき治療の健康保険適応について

いびきに対する治療は健康保険の適応ではありません。
いびきに加え、睡眠時無呼吸症候群と診断された場合には健康保険の適応となり、以下の治療があります。

  • 持続陽圧呼吸療法(CPAP):当院では睡眠時無呼吸症候群の診断、重症例に対してのCPAP治療(3割負担で5000円/月程度)を施行しております。→詳しくはコチラ
  • 軟口蓋口蓋垂形成術:のどの粘膜の一部をメスまたはレーザーで切開し、咽頭を広げる手術です。(3割負担で30000円)

いびきレーザー治療について

Nd:YAGとEr:YAGレーザーを併用した、次世代ナイトレーズ

ナイトレーズは従来のいびき手術のように切開や麻酔を必要としない方法であり、他国でも広く行われてきました。
のどの粘膜を引き締め、気道を広げます。当院では新たなナイトレーズとしてNd:YAGレーザーとEr:YAGレーザーを併用して咽頭粘膜の深部まで照射し、粘膜を収縮させます。

3-4週間隔で合計3-5回の照射を受けて頂くことで、いびきに対するより高い効果が実感できます。いびきに対しての効果は数週間かけて少しずつ現れます。
3回照射することで約1-3年効果が続くと報告があります。その後はいびきの程度によって1年に1-2回程度照射を行い、効果を維持します。

本治療をお受けになった方の治療効果の統計では、初回治療で約50%の方が改善しております。2回目治療後では80%の方が改善したと実感されております。

次世代ナイトレーズのメリット・デメリット

<メリット>

  • ナイトレーズはのどの粘膜を切開しないことから出血はなく、痛みがほぼ無く、麻酔が必要ありません。照射中にピリピリした痛みを感じる方がおられ、痛みに敏感な方はスプレーで一時的な粘膜への麻酔をすることが可能です。
  • 術後ものどの痛みはほとんどなく、術後当日から食事/運動制限はありません

  • 照射時間は15~30分程度です。入院の必要はありません。術後は観察時間無しで帰宅可能で、直後からお仕事などの日常の生活に戻ることが可能です。
  • 本治療にて睡眠時無呼吸が改善する可能性があります。
  • 今まで世界的に広くされてきた治療であり、現在までに治療効果、安全性はすでに検証されており、のどへの照射方法も確立されています。
  • 次世代ナイトレーズは深部までアプローチできるため、最近多く示されているオリジナルのいびきレーザー治療よりも、粘膜を引き締める効果が期待できます。
  • 当院ではのどの診療を専門にしている耳鼻咽喉科専門医咽頭の細部まで照射を行います。長年多くの咽頭手術を執刀してきた実績があります。
まとめ
  • 出血なし、痛みがほぼ無し、麻酔の必要なし
  • 術直後から食事/生活制限なし
  • 安全性、治療法、効果は証明済み
  • 新ナイトレーズはのどの粘膜深部までアプローチ可能
  • 耳鼻咽喉科専門医が処置を施行

<デメリット>

  • 健康保険適応外の治療であり、自費診療の費用負担が必要です。
  • 鼻詰まりなど鼻の病気や肥満、扁桃/アデノイド肥大がいびきの原因の場合は効果が少ない場合があります。
  • レーザー治療の粘膜への効果には個人差があり、効果が弱い方もみえます。
  • 効果は半永久的ではありません。個人差はありますが、3−5回照射後に半年から数年に一度の再照射が必要です。
  • のどにレーザーを当てる治療ですので、粘膜の熱傷のリスクがありますが、現在までに重大な副作用は報告されていません。
まとめ
  • 自費診療(負担額が高い)
  • 鼻詰まり、扁桃肥大が原因のいびきには効果なし
  • 効果は永久ではないー維持療法が必要

いびき治療の効果判定について

当院でナイトレーズを希望された方には術前術後にいびき録音アプリ「いびきラボ」にてご自身のいびきを録音して頂きます。いびき治療の効果を比較して頂きます。
また、術当日、クリニックにてのどの状態を撮影させて頂き、治療効果を判定致します。

料金表

ノーマルコース 88,000円(税込)
マイルドコース 66,000円(税込)
トライアルコース 44,000円(税込)

※セット治療での3回目以降は11,000円ずつ割引

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME